リンパマッサージ資格を取る前に知っておくこと!どのようにして取るのか

リンパマッサージとは

日々のイライラや、ストレスをやわらげ、リラックスする方法にリンパマッサージがあります。
リンパマッサージとは、人の体の中に張り巡らされているリンパ腺の上をマッサージすることで、リンパ腺の中に流れているリンパ液の流れを促進させるというものです。
リンパ液は、赤血球が存在しない以外は、血液の成分と非常によく似ています。
血管を流れる血液は栄養や酸素を運んでいますが、リンパ液は毒素や老廃物など、体から排出するものを運搬しています。
リンパ液の流れが滞ると、免疫力が落ちたり、自律神経が乱れたり、冷えや凝りの原因になったりします。
リンパマッサージを施すことで、肩凝りや、四肢の冷えなどの体の不調を改善し、交感神経の働きを促して体調を整えることができます。
疲れた体も、心も揉みほぐし、日々のストレスや、疲労を解消する効果が期待できます。
マッサージと菊と、痛いのではないかと心配する人もいるのではないでしょうか。
リンパ腺の上を優しくなぞったり、軽くタッチするように指の腹で押すだけでも十分な刺激が得られます。
マッサージ自体も心地のいいものですので、リンパマッサージを行うことで身心のこわばりを優しくときほぐすことができるでしょう。

リンパマッサージの資格の取り方

リンパマッサージとは、体の中に溜まっている老廃物や体に有害な毒素をマッサージによってリンパ液にのせて体の外に排泄をするマッサージのことです。
現在では、美容や医療などにも用いられています。
女性にとってはリンパマッサージをすることによって、老廃物などを排泄するだけでなく、肌のむくみなどをなおすこともでき美容効果があります。

 

このマッサージの方法は、法律によりマッサージ行為が制限されているので資格の取得が必要になります。
どんな資格が必要かというと、あん摩マッサージ指圧師の国家資格が必要となります。
なので、まず、この免許をとるために厚生労働省が認可しているマッサージ専門の専門学校に3年間通った後に卒業後に国家試験を受けることができ、この試験に合格すると、あん摩マッサージ師の仕事に就くことができます。
これ以外に通信制のものや、セミナーなどによる免許を取るための講座などがありますが、これらはさっきのような国によって決められた免許とは違い、リンパケアセラピストと呼ばれる免許などを取得することができます。
特定の免許がなくても、健康上に害がなければ無免許であっても仕事に就くことができますが、もしものことを考えるとどちらかの免許が必要になります。

リンパケア・リンパドレナージュ

あん摩マッサージ指圧師は国家資格で難易度が高いですが他にもリンパとつく資格はいくつもあります。
その中で最近よく聞くようになってきたリンパドレナージュというものがあります。
これはフランスで生まれ欧米では知名度がありますが、日本では最近知名度が上がってきています。
リンパドレナージュもリンパ液の流れを活性化するマッサージ方法です。
このリンパドレナージュは通学や通信講座でも勉強することができます。
有名なところではヒューマンアカデミーにも講座があります。
細かく見ていくとコースも様々あり、フルボディケア、小顔リフトアップケアアロマプレミアムセラピストなど様々あります。

 

他にもいろいろなスクールで講座があるのでこちらのビューティー資格ナビなら様々なスクールの資料を取り寄せることができるので便利です。

女性に人気が広がっているリンパマッサージの資格とその仕事内容

リンパマッサージの資格は、通学講座でも通信講座でも取得することができます。
通学講座には昼間のコースだけではなく夜間や週末のみのコースもありますから、仕事をしている方でも無理なく通えます。
どうしても通えないという場合でも、通信講座を利用すれば自宅にいながら資格を取得できるので、自分のライフスタイルに合わせて選べるのが魅力です。
通学と通信、どちらでも可能という方は迷ってしまうかもしれませんが、そんな時は資格取得後の生かし方で選ぶといいでしょう。
すぐに自宅で開業したいのであれば、通学講座で施術方法をしっかり学んでおく必要があります。
マッサージ店などお店で働くために資格を取得しておきたいというのであれば、施術方法は就職してからでも学べるので、通信講座でも大丈夫です。
また、学校によって自宅開業をサポートしていたり、就職活動をサポートしてくれるなどサービスも違いますから、アフターサポートで選ぶのもオススメです。

 

仕事内容は、シンプルに言うとリンパ腺に沿ってマッサージを行い、流れを改善して体調を整えるということです。
ただし活動する場によって、細かい内容は異なります。
自営であれば経理や営業活動をしなくてはいけませんし、お店で働く場合は受付や店内清掃、施術用具の手入れなどの仕事もあります。
と言ってもメインはリンパマッサージを行うことですから、技術力を磨くことが一番大切です。
マッサージ以外のことは仕事が決まってから学べるので、自分の理想の職場で働けるように資格取得を目指しましょう。

リンパマッサージに関するスクールの受講内容について

リンパマッサージというのは、1日や2日など短期で学べるスクールもありますし、通学講座や通信講座でも受講期間によって受講内容が異なります。
ただ短期スクールの受講内容というのは、座学はほんのさわり程度で、受講内容のメインはマッサージの施術です。
ですので、低価格で手軽に通えるリンパマッサージの短期スクールは、仕事で活かすのではなくセルフケアのための講座という位置づけになるでしょう。
リンパマッサージを仕事にするのであれば、通学講座か通信講座を受講して資格取得を目指すのが一般的です。

 

リンパマッサージは、実践的に施術方法を身につけることも大事ですが、全身にめぐっているリンパの経路を正確に把握しておかなくてはいけません。
単に筋肉を柔らかくしたり凝りをほぐすマッサージではなく、老廃物を運ぶ役割を持っているリンパ腺の流れをスムーズにすることがリンパマッサージです。
もちろんリンパ液の具体的な役割、流すことでどのような効果を得られるか、病気や体調不良との関係などあらゆる知識が必要です。
さらにリンパマッサージに使用するクリームやオイルに関しての知識も学ばなくてはいけないので、資格を取得する場合はかなり幅広い受講内容になっています。

 

勉強の進め方はスクールによって異なりますが、一般的に1ヶ月目はリンパマッサージの基礎、2ヶ月目はセルフトリートメント、3ヶ月目はリンパマッサージの基本テクニックというようにカリキュラムが組まれています。
ただ、学ばければいけないことは多いものの、内容自体は難しくないですし自分の美容にも役立つので楽しみながら勉強できるでしょう。

リンパマッサージ資格があればどんな仕事や就職先があるのか

リンパマッサージは、リンパ腺をダイレクトに流して余分な脂肪や水分などの老廃物や体内に溜まっている毒素を排出するマッサージ方法です。
さらに、老廃物の排出を促すことで全身の循環をアップさせると、代謝が活性化して脂肪の燃焼も促進されます。
このようにむくみの改善や痩身効果があることから、マッサージ店はもちろんエステサロンやスパ施設、リラクゼーションサロンなどに就職することができます。
資格がなくてもリンパマッサージは出来ますが、リンパはデリケートなので正しい知識を持った人材が求められているので、むくみを改善するメニューを取り入れているお店では需要が絶えません。
またリラクゼーション効果も高いので、リンパマッサージをサービスとして提供する美容院などにもニーズがあります。
ある程度経験を積んで技術力を身に付ければ自宅での開業も可能なので、独立を視野に入れて資格を取るという方も多いようです。

 

そして、医療の現場でもリンパマッサージが取り入れられています。
むくみは病気の症状や薬の副作用でも起こりますし、入院患者や寝たきりの人もむくみやすいです。
またリンパ浮腫という病気もあり専門外来があるほど、医療の現場ではむくみで苦しんでいる人がたくさんいます。
そんな患者さんのために医療用弾性着圧ソックスなどが開発されていますが、最近はリンパマッサージでケアをする医療機関が増えています。
美容業界だけではなく、病院や介護福祉施設など医療機関からの需要もあるので、リンパマッサージの資格を取れば幅広いフィールドでの活躍が可能です。


相互リンク 介護 Page Rank KING リンパマッサージ以外にもアロマテラピー資格を取るならなども参考にしてみてください。