リンパマッサージを行うのに特別な資格は必要がありませんが、それでも資格を取得する人が増えているのは理由があります。

 

リンパマッサージを行うのに特別な資格は必要がありませんが、それでも資格を取得する人が増えているのは理由があります。
リンパマッサージというのは、美容雑誌や動画などでやり方が紹介されているので、誰でも簡単にできると言うイメージがあるでしょう。
しかし、リンパ腺は皮膚や内臓など体全体に広がっている細い腺でとてもデリケートですから、正しいマッサージ方法というのは独学ではなかなか学べません。
そのため本当にリンパマッサージで効果を出すには、リンパ液やリンパ腺、リンパ管の構造や役割に対する正しい知識と、リンパ腺を流す正確な技術が必要になります。

 

ですので、セルフケアに活用する場合でもエステサロンなどで施術を行うプロとしても、リンパマッサージの資格は取っておくのが理想です。
特に結果が求められるエステティシャンや医療スタッフは、資格を取得するのがおすすめです。

 

最近は、医療の現場でもリンパマッサージが活かされています。
資格の種類の中には、リンパ浮腫の改善に効果がある医療系のリンパマッサージ資格があります。
こういった資格を持っていると、病気による症状緩和の一貫としてリンパマッサージを行うことができるので、医療関係で働いている方は取得しておきたいですね。

 

また、美容院などではサービスでリンパマッサージを取り入れているとこが増えています。
ですので、美容師はもちろん受付や見習いスタッフとして働く方でも、有資格がお給料に反映されることも多いので資格を取っておくといいでしょう。

 

リンパマッサージ資格のトップ

リンパドレナージュの資格講座無料一括資料請求はこちら