リンパマッサージの仕事はどれくらい稼げるの?収入面について

 

どんな仕事でも同じですが、リンパマッサージも働き方によって収入はまったく違ってきます。
リンパマッサージの仕事は、大きく分けると自宅開業かサロンで働くかの2種類になります。

 

自営の場合だと、固定客がつくまでは大きな収入は望めませんが、経験を積んで認知度が高まれば頑張り次第で高収入が可能です。
リンパマッサージは脱毛やネイル、痩身のように専用機器を揃える必要がないので、設備投資がほとんどかかりません。
ですので、施術代のほとんどが利益になりますから、リンパマッサージで高収入を目指したいという方は、立地や広告費なども考慮しながら自宅開業を目指すのがおすすめです。

 

サロンで働く場合は、正社員、契約、アルバイトなど雇用形態によってお給料が変わるのはもちろんですが、実務経験も収入に大きく関わります。
ほとんどのサロンでは経験を重視するので、未経験の場合は例え正社員であってもかなり低いお給料から始まります。
逆に実務経験が豊富で技術力があれば、アルバイトであっても能力給などがつくので正社員よりも高収入になることがあります。
また経験年数だけではなく、カウンセリング能力や営業能力などでも能力給がつくこともありますから、就職先を探す時にはどのような手当があるかチェックするといいですね。
サロンによっては歩合給制だったり、指名料が加算されるところもあるので、特殊な技術を持っている方は就職先次第で収入がかなり変わります。

 

リンパマッサージは技術職ですから、例え最初は収入が低くても、長く続ければその分お給料に反映されるので、長い目で見ると高収入が期待できる職種と言えるでしょう。

 

リンパマッサージ資格のトップ

リンパドレナージュの資格講座無料一括資料請求はこちら